1. ホーム
  2. 会社情報

FJK-192『通せんぼくん』FJK-193『通せんぼくんミニ』

農家の悩みから製品発売に至った『通せんぼくん』は4つの大きな機能を有しています。
① 85dbの大音響による7種類の威嚇音を発生し撃退
② 12kHz~35kHz可変式超音波発生による撃退
③ 全光束320lm、8個のLEDによる強力フラッシュ点灯
による撃退
④ 威嚇音、超音波、フラッシュ点灯のミックス操作による撃退
上記機能を赤外線センサーにより感知し動作させます。
通せんぼくんミニ
特徴は150lmのLEDフラッシュ点灯と13.5KHz~45.5KHzの超音波による撃退です。
太陽パネルを搭載しているので、電池の交換は頻繁にする必要がありません。また5モードの切り替えスイッチ付きですので用途に応じ切り替えてご使用頂けます。

製品概要&仕様

『通せんぼくん FJK-192』は太陽発電パネルを搭載し、ニッケル水素電池を内蔵していますので、電池交換の必要がありません。
自動で昼モード、夜モードに切り替わりますので、昼間の場合、超音波と威嚇音で害獣を撃退し、夜になるとLEDフラッシュ点灯が追加します。
また、動物が『通せんぼくん』のエリアモードに侵入しない場合、待機モードになっておりますので消費電力は極僅かです。
害獣が赤外線動作範囲内に入れば動作します。(動作範囲 約10m×10m) 『通せんぼくん』は以下の害獣に効果を発揮します。
猪、鹿、アライグマ、ハクビシン、ヌートリア、うさぎ、カラス、熊、猫、等動物によっては住む環境により学習能力を身につけてますので、すべてに効果があるとは限りません。
また、設置方法によっても効果が違ってきます。太陽光が十分に当たり、見晴らしの良い場所(害獣の動作が分かる範囲)に必ず設置して下さい。)
また、別売で電源から直接電流供給端子がありますので、暗い場所でも設置が可能です。充電機能付きです。

『通せんぼくんミニFJK-193』は動物が超音波を嫌う傾向がある事から、超音波を強化し13.5KHz~45.5KHzまで帯域幅を持たせました。また、夜間活動動物には
LEDフラッシュ点灯も備えた小型で設置が簡単な低価格製品です。特に、ネコ、ネズミ、ハクビシン、アライグマ、カラス、コウモリなどの小動物に威力を発揮。
狭い範囲で効果を最大限に発揮できます。太陽パネルとニッケル水素電池搭載ですので電池の交換は不要。
充電用アダプター入力端子を装着していますので、別売の充電器を使用すると充電もできますので暗い場所でも設置可能です。

下の画像をクリックして頂くと『通せんぼくん』による撃退効果をご覧頂けます。


Copyright(c) 2014 Fujikura Co.,Ltd. All Rights Reserved.